The Daily 082 Top Screen
 
ドルでも買うか?

日米金利差とドル円相場と日経平均の連動が12月に入ってからイマイチに なってしまった。

特に12/15以降の金利差と為替を見る。日米金利差は12/15に2.24台まで 拡大し、その後12/17に2.11台まで縮小したが、昨日12/28に2.34台まで拡大し12/15を上回った。

しかしドル円相場は12/15の84.25から一貫して円高となり、今は82.09。 ただしこの間日経平均は円高にも関わらず高値もみあいを続けてしっかりしている。

日米金利差は11月後半に縮小しているが、この間に逆にドル高円安になっていたので、12月前半に再度金利差拡大しても円安にならなかったのは、しょうがない。差し引きゼロと考えても、12/19以降の逆相関はおかしい。

これはクリスマスのせいだと適当に理由をつければ、ここはちょっと 日米金利差の影響が正しい状態に戻るとして、ドル円で円を買いましょうか。

82円ちょうどあたりで買って、損切りレベルは前回の高値80.23抜けと するのが普通かもしれないけど、ロスカットの80.23抜けというのがあまりに普通でイマイチだな。

シミュレーション売買ではユーロ/ドルを1.3275で買ったいる。 直近高値の1.2963(11/30)突破をロスカットにと考えている。これもあまりに普通すぎてイマイチ過ぎると感じているが、いまだにそこまで行かない。横ばい。

| daily082 | 為替 | 22:03 | - | - |
日米金利差

タイトルからして高尚でしょ。今月のdaily082は違う(^^)

今まで日米金利差でドル円相場が説明がつき、それで儲けられるなんて思っていませんでした。なんだって何も説明することなんてできない、ましてや理屈で儲けることなんか出来ないくらいに思っていました。

ところがちゃんとした人は、そういう数字をちゃんと見ているんですね。恥ずかしながら初めて自分で日米金利差のチャートをちゃんと見てみました。

日足でみると3月末に2.5%あった日米金利差が、9月末の1.5%くらいまで一貫して縮小していた。そこをヘッドに逆三尊のような形を形成し、11月の中旬にネックラインを上抜けていた。つまり日米金利差はチャートでみると、縮小の大底は打っていた。それも米国がQE2を決めたあとに大底を打ち反転拡大に入っているというのが、なんか面白い。今はそこからやや深めの初押しを入れているところ。

中期的な目で見ると今後日米金利差は拡大の方向に向かい、それは円安そして日本株高となる。

ただ一方で、11/15以降再び金利差が縮小しているのに、意外に円がそれほど高くなっていない。今後その遅れを取り戻して円高になり、日本株安になるとも考えられる。

すごい!なんか自分が高尚な人になったような気がする(^^;)でもまあ、私がこんなことを書くようになったら、金利差拡大=円安=株高という連動性もいいところまで来ているということなんでしょう。

でも円安ってロケットの点火装置の役目で、もうロケットは発射しちゃったから後は別のエンジンが引っ張ってくれるのではと、あくまで強気(^^)

| daily082 | 為替 | 23:35 | - | - |
これで取れなきゃ終わっている

EURUS201010


見て下さいこのユーロドルの直近の日足。これ以上は望めない教科書的なチャート。まずチャートの左下の部分、8/25から9月半ばにかけてWボトムを形成し、そのネックラインを上回って上げに入った。

この上げの目標は、1.40-1.41あたりと考えた。下げ幅の倍返しでもあり、ユーロドルの典型的な1波動の値動き0.07-0.075を直前の高値1.335からとった値段でもあった。ほぼその通りとなり、チャートの右上の部分でWトップを形成。

さてここで私の実際の売買ですが、1.40を超えたあたりから何回かショートした。例えば1.41を付けた後、紫のトレンドラインを下回ったところでショートし、一気に1.38台まで下がったが、急反騰してきたのでトントンで決済。

再度1.40台でショートし、黒い線のところは抜けないだろう、抜けても1.42は超えないとの仮定でショートしたが、1.42台に入ってロスカット。

その後、赤い線のネックラインを下回る(上向きの緑色の矢印のところ)のを見て今度こそ下げトレンドに入ったと思うが、一気に1.36台、1.35台に入って行ってしまい売りそびれる。仕方がないので、戻りがあれば売ろうと1.380で売りを指す(下向きの緑色の矢印のところ)。

1.370なら売れると思ったが、相場は行き過ぎがあるものだから戻りがあれば1.38でも売れると思った。また、Wトップ後の下げの目標は薄緑色のラインの1.33-1.34あたりと考えていたので、1.37でショートするとあまり幅がなかった。1.38でショートすれば1.34まででも0.04幅あるし、1.33までなら0.05幅ある、などと考えた。

しかし実際の相場は、1.377くらいが戻りいっぱいで、1.38にはわずかに届かなかった。そこからあっという間に1.33割れへ。

まとめると、チャートはこれ以上なく美しく教科書的で、自分の予想もほぼ当たっていて、何回もショートしたのに儲からず。最後は売りそびれてしまったので、戻りを売ろうと狙ったのも完璧だった。それでも儲けられなかった。

何が足りないんだ?このチャートで儲からないなら相場なんかやめた方がいいよ。よっぽど下手。終わっている。誰か匿名でもいいのでアドバイスください。HELP ME!

新しいPCに慣れてきてチャート入りのエントリーができたのが唯一嬉しい。意外に簡単な方法を発見した。ただ、文章を最初に書いてから図をUPしないと、今回のように何回も線を追加してはUPしなおしてと、結構な手間となり時間もかかる。

| daily082 | 為替 | 22:58 | - | - |
世界の変化はいつもは自分の人生の外で起こるはずだが

FXはチャートより、政治とか各国の政策、世界の流れの方が全然重要だと思いました。ここ1ヶ月間であれば米国の更なる金融緩和予測がマーケットを決めていた。ドルの独歩安。

さてこれからは、下記の通り世界の変化の節目になり得るイベントが目白押し。何かが起こるのかな?

10/22 G20
10/27 日米外相会談
10/28 EU首脳会議

11/2 米国中間選挙
11/2-3 FOMC
11/4 欧州中央銀行理事会

普通世界的な大事件って多くの人と同じように、私の人生の外、新聞の中やTVニュースの中でのみ起こるから、今回も結局はそれほどドラマチックな事はないと思う。

今のドル相場にはかなりの金融緩和とか量的緩和期待が、すでに十二分に折り込まれているので、何が出てもそれを材料に更にドル安に行くというより、材料で尽くしになると思っている雰囲気の方が強いのでは?

でもアメリカがドル安を転換させるような事を認めるって事があるのかな?オバマ大統領の輸出倍増計画にドル高は必要ないでしょ?

ドル高、円安、インフレ突入、債券安。こんな時代が来るのでしょうか?もし日本の債券が売られていくようなトレンドに入ったら追随したいと思うのですが、個人で出来るものってあるのでしょうか?日本の債券のETFみたいのってあるんでしたっけ?

日本で金利が上がって一番困るのは債券のポートフォリオがパンパンな銀行?それを見越して早くもメガバンクが売られてきているの?

日経新聞によると、15日にユーロ圏財務相会合議長のユンケル・ルクセンブルク首相が「(主要国によるドル買いなど)協調介入を検討する状況にはない」と言ったそうですが、その割りには週末ユーロ/ドルは1.38ぐらいまで落ちてきている。なぜなんだろう?ちょっと売ってみたい気がしています。
訂正→下がってきたのはユーロ/円で、(115円台から)週末は113.80台まで落ちてきていた。

記念までに記録に残しておきますが、15日にはオーストラリアドルが、1豪ドル=1米ドルと1983年の変動相場制移行以来始めて等価となった。

| daily082 | 為替 | 23:26 | - | - |
続・サルよりダメなんじゃないか?

自分の相場センスが猿より劣っている(Worse Than A Monkey!)のではと気がついて愕然としました。

株と違って為替は絶えず上がったり下がったりしているように思います。株は選んだ銘柄、時期により、ずーっと横ばいということも普通にある。為替で売買するのはドル、ユーロ、円の3つで十分に思っていますが、それらを見る限りBOXの動きはあっても、儲からないという意味での横ばいということはないように思います。絶えず上昇トレンドか下降トレンドにある。

つらつらと考えていたら、またまたいいアイデアを思い付いてしまった!

自分の逆をやれば儲かりそうだけど、それは「言うは易し行なうは難し」というのが先日までのところ。しかし、人間って考えることができるのが猿と違うところ。

今使っているA口座とは別に、「逆をやるための」B口座を作ってみればいいんだ!

A口座で買うときには、同時にB口座で売る。Aで決済する時は、同時にBも決済する。こうやってミラー売買をする。もし「自分の逆」をやれば儲かるなら、B口座は利益になるはず。シュミレーションでいいんじゃない?と思うかも知れないのですが、自分みたいなアホは実際にやってみないと実感できない。

それにこの実験のいいところは、為替は手数料がなくてスプレッドも小さいので、執行コストを無視できるということ。だからA口座とB口座の損益は絶えずプラスマイナス「0(ゼロ)」になるはず。実験のリスクが「0」。

まあ、ちょっと面倒ですが本当にやってみる価値はありそうな気がしています。

ユーロ円が一時113円80銭を付けて、114円台にまた戻っていますが、再び113円80銭を割れば、(見たままですが)下降トレンドに転換したと見える。そこを売りたいが、逆にまた115円とか行ったらどうしようという心配もある。そんな時にB口座があれば、気軽に試せる。

ここまで書いてきてなんですが、本当にプラスマイナス「0」なら、A口座もB口座もともに机上のシュミレーションでいい気がしてきた。ノートに書くだけだと後から弱い自分が出てきて不正に改ざんしそうなので、BLOGに書いていくっていうのがいいかも。

 猿知恵?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8C%BF%E7%9F%A5%E6%81%B5

 

| daily082 | 為替 | 10:56 | - | - |
みんなの日経225予想 by systemtrade-life
表をクリックすると時間別推移の頁に行きます。



<twitter>
https://twitter.com/daily082
ツイッター楽観指数

<ゴールデンチャート>
■日経平均株価
■東証1部騰落レシオ25日

Windex
世界の株価指数

業種別指数 & 主要銘柄 by stocklife
バルチックドライ by Bloomberg
逆日歩情報 by GoldenChart
NT倍率

やさしいIPO
とらのすけブログ

+ RECENT COMMENTS
+ Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ Amazon

+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE
+ SPONSORED LINKS