The Daily 082 Top Screen
 
新年の大先輩

久しぶりに大先輩へ電話。新年のご挨拶と、あわせて相場観をお聞きした。以下「だろう」ばかりの文章でチト読みにくいかと思いますが。

今後2-3年いよいよインフレが日本にも襲ってくるだろう。今は欧州の金利が上がったと他人事のように見ているが、そのうち日本の金利も上がり出すだろう。日本の10年国債が3-4%にもなれば債券投資ばかりしてきた日本の銀行は大損。そうすれば、債券以外のものにお金を振り向けないといけないとなるだろう。

個人も給料が上がらない中で、インフレがきて、何かにヘッジをしなくてはということになるだろう。今の相場はデイトレーダー中心で、この出来高なので、機関投資家が本格的に出てくれば、すぐに1日40億株とか50億株とかになる日が来るだろう。

穀物や資源などの商品相場が上がり、債券が値下がりし、それが機関投資家の投資行動を変えれば、10〜20年に一度の相場が来るだろう。それは俺たち082世代が味わう最後の大相場になるだろう。

本当にそういう相場がくれば、インデックス銘柄はもとより、ボロ株まで循環物色でなんでもかんでも上がるだろう。証券株の中には簡単に2〜3倍になるのも出てくるだろう。そういう相場が今年始まればいいな。

このセクターがいいと思ったら、セクター内の下の銘柄に行ってはいけない。セクター内の上の銘柄が上がらなければ下の銘柄は上がらないんだから。自分のスタイルを見つけることが肝心。そうでないといつまでもダメなまま。

| daily082 | 大先輩 | 01:15 | - | - |
久々の大先輩

なんとなく疎遠になっていた大先輩から、実は少し前に、久々にメールを頂いていました。コナミを買ったのもそのメールに書かれていたからで、指値をしたらたまたま安値で買えて、すぐにひと回転させて頂きました。大型株から、証券株、材料株までいろいろな銘柄をやられているようでした。

私も強気でやってきて、ちょうど損益がトントンまで回復した時でしたが、大先輩のメールには驚くべきことが書かれていました。

「債券相場などからみると今後2〜3年くらいに一回、大きな上昇相場が期待できるのではと思われます。人生でなかなか体験できない最後の相場かも知れません。」

石橋を何度たたいてからでも「それでも何があるかわからないから」と慎重に慎重に売買している大先輩から、このような相場観を聞くことがあるとは思ってもいませんでした。

日足でちょっと上がると利食ってしまって、その後も続伸している株を見ている私に「週足、月足も見るように」とのアドバイスもくれました。言ってみれば私の強気は日足ベースで、大先輩の強気は宇宙ベースのスケールの大きさがあると思いました。

証券株に関しては、騰落レシオも過去最高だから全体的に少し調整があってもいいのではとか、日経平均は上がらなくてもっと材料株っぽいのがまずは循環で買われるのではとか、いろいろ思っていたので、証券株を買ったのはつい2〜3日前となりました。メールに書かれていたのと全く同じ銘柄を買うのも何かと思い、より日経平均への連動が高い銘柄で出遅れということで東海東京証券を買いました。ただ、まだ半信半疑なので、きつめのストップロスを入れてあり、少し下がればいつでもロスカットされてしまう状態にしてあります。

最近の上げを見るとロスカットをして安全策を取るより、下がっても我慢してお祈りしていた方がパフォーマンスはいいようなのですが、私の場合、さすがにそこまで信念をもって買ってはいないので馬鹿の一つ覚えのようにロスカットはいつも入れてあります。

大先輩の相場観がまた聞けて、とても嬉しく思っています。

| daily082 | 大先輩 | 22:25 | - | - |
NYは71年振りの上げだって!

9月のS&P500の月間上昇率は1939年以来71年振りの上昇率だそうですね。昨日までそんな事誰も言ってなかったのでは?急にそんなこと言われてビックリしましたが、大先輩から学んだのは、こういうイベントは偶然とかたまたまではなく、何か意味を持っていることが多いので要注意ということ。

持っていたALUは確かに上がってきてトントンで売れたけど、Citiはよく言って横ばいだったので実感が全く無かった。Citiは政府がいっぱい持っているから少し上がってくると政府の売りが出てくるんですね。これからも良くて横ばいなんでしょう。

一方、今朝の日経によると日経平均は上半期で16%値下がりして、主要市場で最悪だったと。この日米の違いはなんなの!俺の401KはGW後に全部日本株にしてしまったのに。

どこかの高名なヘッジファンドマネージャーが8月か9月に、米国株(?)は今後景気回復すれば上がるし、回復しなければ一層の金融緩和がされお金がジャブジャブになるのでそれでも上がる。だからどっちにしても米国株は上がる。「株には買い時というのがあり、それが今だ!」と言ったとか。

その通り既に9月にもう上げ始めたようですが、その考えは正しいのかな?景気が悪ければ、お金がジャブジャブでも株には向かわないでしょ。それにそもそもこの考え、リーマンショック後、もう何年も言われてきたでしょ。今頃なぜまた改めて同じことを言って、実際に株を買っているのが分からない。それこそが高名な人が高名になった所以(ゆえん)で、タイミングが「今」ということなんでしょうが。。。。もうちょっとちゃんと考えを読みたかった。

景気が良くても悪くても、中国人の食生活がどんどん欧米化していくのは止められないのでしょう。だから景気が良くても悪くてもお金が向かうのは穀物では?これもまた新鮮でないアイデアだけど。

楽天証券がCBOTの穀物先物の取扱いを10月末にも開始しようというのは正にいいタイミング。日本株の穀物ETFは商いが無さ過ぎだし、円換算されるので毎日為替で大きく動いてやりにくかったので、とりあえず口座開設の用意をしようと思う。

Citiが横ばいと仮定すれば、ストキャストが有効になるはず。

| daily082 | 大先輩 | 23:39 | - | - |
大先輩のショートコメント

海外市場は見方によれば高値もみ合いといえるかも知れないが、振幅が大きい上にユーロ安やアメリカの金融規制など、まだまだどんな悪材料が降りそそぐかもしれないから中途半端な押し値では買わない方がいいと思われます。

特に日本市場の方は日経平均が下降トレンドになっているし、主力銘柄をみると、コマツや日立建機などの中国関連銘柄、三菱商事などの資源関連銘柄、またソニー、オリンパス、キャノン、ホンダなどのハイテク株の下落率が最近では大きいものとなっている。

裁定買い残も確か2兆5000億前後あったと思うが、まだまだ下値確認とは思われないから、自己資金であればもっと大きなチャンスがあったときに投資したほうがいいと思うけど・・・・・・。

アメリカ市場の方向性次第とは思うけれど 今回の調整は海外株式市場を含めてまだまだ時間がかかるように思うし、下値ももっとあるように思われる。

| daily082 | 大先輩 | 23:00 | - | - |
GWの大先輩のコメント

NYダウは昨日の200ドル以上の大幅な値下りで、ダウントレンドに入ったのではと思っています。確かに新高値近辺で100ドル強の値上り値下りをしていましたが、その間、今まで1年以上上昇を続けていた中国やブラジルや欧州などが明らかに調整相場入りしていたので、これでNYも調整相場入りなのではと思っています。

日本株はアメリカ次第のマーケットになってしまっているので、NYが調整入りとなれば上値は難しいと思います。

昨年もアメリカや他の市場が高値更新とかやっている中で日本だけが弱く、アメリカが弱くなったら更に日本は売られ、10月にかけて2000円ほど値下がりし日経平均は9000円になった。今回も似ているような気がしています。

私自身の投資は、以前からずーっと警戒していたので何も変わりませんが、今は新たに出てくる悪材料で大きく値下がりした時に買えるよう、もう少し買いは見送りましょう。

日本の相場は一部のネットトレーダーか外人のシステム売買か先物との裁定業者しか参加しない相場になってきたように思えます。

世界がもし調整入りとなれば、各国とも意外に時間がかかるのではないかと思っています。

| daily082 | 大先輩 | 23:17 | - | - |
みんなの日経225予想 by systemtrade-life
表をクリックすると時間別推移の頁に行きます。



<twitter>
https://twitter.com/daily082
ツイッター楽観指数

<ゴールデンチャート>
■日経平均株価
■東証1部騰落レシオ25日

Windex
世界の株価指数

業種別指数 & 主要銘柄 by stocklife
バルチックドライ by Bloomberg
逆日歩情報 by GoldenChart
NT倍率

やさしいIPO
とらのすけブログ

+ RECENT COMMENTS
+ Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ Amazon

+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE
+ SPONSORED LINKS