The Daily 082 Top Screen
 
サヤ取り、再び
日経レバ(1570)とTPX W(1568)の裁定ポジションを再度組みました。

前回からの続きですが、一時は「100」くらいまであったサヤが「0」まで縮小した後、GW明けの7日には「-50」くらいまで逆に拡がったので、8日の寄付きで今度は「1570買いの1568売り」のポジションを組みました。

ただ前回も思ったんですが、結構ギャップアップやギャップダウンが大きいんです。今回も「-50」のサヤを見て注文を入れたのに、翌日の寄付きでのサヤは「-40」で、結局大引けでのサヤは「-80」でした。

これだけ大きく動いてしまうと、相場を見ていられればの話しですが、引け間際で相場をチェックして、大引けで発注した方がいいですね。

そういえば、シャープは月曜日にいくらの値段で寄ってくるのでしょうか?売り気配で寄らないのか、それともあまり変わらない値段で寄ってくるのか。その中間くらいなのかな。よく分かりません。

来週は昭和H(5103)に少し注目しています。

ベトナムからは持って行ったMAC BOOK Proが壊れたという連絡あり、どうするのかと思ったら、ハノイにもApple Storeがあるようで、そこで修理してもらったようです。これで一安心と思ったら、中身がまっさらになっていて、まだまだ大変そう。あと、ベトナムにはあまり電気掃除機が売ってないようですね??
 
| daily082 | サヤ取り | 01:29 | - | - |
お題:アップルとグーグルの鞘取り

鞘取り、裁定取引、スプレッド取引、ブルベア、全部同じでしょうか?全部同じ言葉ならやっぱり「鞘(サヤ)取り」が一番雰囲気があって好きだな。

さて、アップルとグーグルの鞘取りというお題を頂きましたので、いろいろ見てみました。

2005年からの月足、2008年からの週足を見るとほとんど同じ動き。相関係数(?)なら0.9以上という感じ。ところが、今年に入ってからの日足を見ると逆相関。アップルは上がり続け、グーグルは下がり続けている。

アップルは13週と26週移動平均線がサポートになりキレイな上昇トレンドにあり、一方のグーグルは13週と26週移動平均線がデッドクロスしキレイな下降トレンドにあり、もし株価がそこまで戻ったら空売りしたいチャート。

よって移動平均線とトレンドからすると、アップルは押し目買い、グーグルは戻り売りをしたいところ。

投資顧問とかのブルベア投資はファンダメンタルズとかを考えて、キリンビールよりアサヒビールの方が美味いからアサヒ買いのキリン売りとかやるのでしょうが、鞘取りは基本的に値動きだけを見るものと思っています。

もう一度株価の動きに戻って考えてみます。株価は昨日の引けのアップル:250ドル、グーグル:487ドルで考えます。アップルの株価の2倍からグーグルの株価を引くと今は+13ですが、2005年から2007年は平均値で-265ぐらい。だいたいそこからプラスマイナス40ドルの値動きだった。それが2007年から2009年末で見ると、平均が-165で、そこからプラスマイナス40ドルの動き。

そして今年の1月からで見ると、期間が短いのであんまりあてにならないけど平均が+10、そこからプラスマイナス25ドルくらいの動き。今の+14は直近では平均的なところ。

ただもう少しよく見ると、1月〜3月まで逆相関だったのが、4月からまた順相関(こういう言葉ないのか?)になって来ている。つまり過去5年間かなり相関が高かった両銘柄が、今年の最初の3ヶ月間だけイレギュラー的に逆相関だったが、今また元通りの高い順相関を示すようになってきている。逆相関だった理由について考えてみると、この時期アップルへはiPad発売開始への期待感があったのかも知れず、一方でグーグルは検閲問題での中国との関係悪化、撤退があった。

今また元通りの高い順相関を両銘柄が取り戻したとなると、鞘も以前の水準にもどるかも知れず、いずれにしても今のアップルは、グーグルに比べて過去5年間で最高に高いところまで買われているので、結論は、鞘取りをするならアップルの売り、グーグルの買いという事になるのでしょう。

(アップル×2)−(グーグル)が最高で+35くらいだったので、それが+45とか+50となってしまったらロスカット。鞘取りでもロスカットを決めておくことは大切。

普通に移動平均線だけで考えていたら、間違いなくアップル買いの、グーグル売りが、鞘取りだと逆になっちゃうんだから我ながら不思議。

| daily082 | サヤ取り | 00:00 | - | - |
サヤ取り: 新光証券ーミズホインベ1
サヤ取りの本を読んだら(http://daily082.jugem.cc/?eid=1042)とりあえずやってみたくなりました。

その本の著書の上野さんも林輝太郎さんの本で勉強したとありました。記憶だと輝太郎さんの本では確か「同業種のサヤ取りは取れるようでなかなか取れない」と否定的でしたが、上野さんの本では、サヤ取り銘柄は同業種で選ぶようにとありました。

いくつか見てみて、新光証券1単位買いーミズホインベ証券2単位売り、という拡大狙いのセットを作ってみました。

両者のサヤを直近3ヶ月見てみると、平均が80円くらいで、標準偏差が13円。だから-2σが53円くらい??でもここ3ヶ月だとそこまで行くことはなく、60円割れがいいところのように目分量で見えました。

ちょうどこの組み合わせを見ていたら6/27のサヤが59円で、6/30が61円となったので(終値ベース)、7/1の寄りで成り行きで建ててみました。

新光証券   315円 1単位買い
ミズホインベ証券 125円 2単位売り
サヤ:(315−125*2=)65円

週末のサヤは70円。とりあえずいい方向にあります。

しかし何と言っても心地いいのは、米国が急落、日本が続落!とかいうニュースが流れても、基本的に全く心配にならない事。むしろ全体が大きく動けばサヤも動くかなと楽しみに思える。

一応、ロスカットはサヤが48円まで縮まったら翌朝成り行きで決済。利食い目標は+2σの100円超え。σ(シグマ)なんか出てくるとカッコいいな。自分が高尚なインベスターなった気がして!よく理解していませんが(^^;)

全然間違ったことを書いてるかもしれません。その時は遠慮なくご指摘下さい。
| daily082 | サヤ取り | 12:53 | - | - |
みんなの日経225予想 by systemtrade-life
表をクリックすると時間別推移の頁に行きます。



<twitter>
https://twitter.com/daily082
ツイッター楽観指数

<ゴールデンチャート>
■日経平均株価
■東証1部騰落レシオ25日

Windex
世界の株価指数

業種別指数 & 主要銘柄 by stocklife
バルチックドライ by Bloomberg
逆日歩情報 by GoldenChart
NT倍率

やさしいIPO
とらのすけブログ

+ RECENT COMMENTS
+ Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ Amazon

+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE
+ SPONSORED LINKS