The Daily 082 Top Screen
 
近況:
毎日のようにBLOGを更新しようと思いつつ、半月ぐらい経ってしまいました。時間がなかったのも確かなのですが、本当は更新する気がなかったんじゃないかと思っています。

あまり何事にも興味がなくなっていて、ある時「これって鬱(うつ)なんじゃないの?」と思って自分で自分にビックリしました。そんな事があったくらいで、個人的には相変わらず何もない平々凡々の毎日を送っています。周囲の知人をみると、不景気で大変です。文字通り「血のしょんべん」を流しながら激務を続けている人や、給料が遅配になっていたり、証券会社を辞めて時給数百円のアルバイトでどうにか食っている人や、みんな大変そうです。

一度相場を離れると、なんだか相場が恐くなります。パンダが赤ちゃんを産んだ、と思ったら死んじゃった、で上下する相場。メルケルさんの発言で一喜一憂する相場。よくそんな中で儲けている人がいるものです。

以前から時々読んでいた人のBLOGを久しぶりに見たら、先週末で退社しましたとあって驚きました。かなり優秀そうな人なので、この人は多分もう働かなくても食べていけるだけのお金は持っているのでしょうが。
http://blog.livedoor.jp/mkubo1/

一方で、ここの人は1年でテスト資金ですが5倍にしたとあります。
http://blog.livedoor.jp/avexfreak/

全然話題がなくて申し訳ないのですが、最近読んだ『僕は君たちに武器を配りたい』瀧本哲史著の中で、投資家について書かれた箇所がありました。
===
「ブームになってから投資すると、死ぬ」というのが投資の鉄則だ。誰も投資など考えられない、焼け野原のようになっているときに投資して、誰よりも早く実った果実を回収し、「まだまだ儲かる」と普通の人が思い始めるタイミングでさっさと身を引く。これが、成功する投資家に共通する思考法だための。世界でもっとも長期にわたって成功している投資家一族、ロスチャイルド家も、この考え方で莫大な資産を築いてきた。「地面に死体が転がっているような不景気なときに投資をし、まだ早すぎるというタイミングで売り抜けろ」というのがルールなのである。
===

こんな投資家があこがれでした。この本、投資本ではないですが面白い本でオススメです。

■米国株券小話
アメリカの株券を見ていて気がついた事があります。「LESS THAN 100 SHARES」などと印刷されている株券は、実際の株数は株券にスタンプで「40」とか「5」とか押されているという話は前回書きましたが、株数がパンチで穴が開いているんです

株券の右側に、縦に「0から9」までの数字が2列並んでいて、例えば40株だと一列目の「4」と二列目の「0」に穴が開いています。5株だと「0」と「5」。スタンプだけだと不正に書き換えてしまう人がでてくるかもしれないので、物理的に穴を開けるというのはいい方法ですね。



| daily082 | コレクション | 19:56 | - | - |
遂に株券届く!
eBayで購入した株券が遂に届きました! 住所の一部が抜けていたので届くまで2週間くらいかかってしまいましたが、これは私のミス。それ以外は、順調に取引ができました。

「Do Not Bend」と大きく書かれた封筒にちゃんと20枚の株券が入っていました。日本なら「お取引ありがとうございます」なんてご挨拶と、商品一覧の紙でも入っているところですが、株券しか入っていなかったのが物足りないといえば、やや物足りない。

出品株券の説明に以下のように書かれていたり、画像を見ても株券の角に確かに以下のように印刷されていて「何かな?」と疑問に思っていました。

「Less than 50 Shares」
「Less than 100 Shares」
「Not more than 10,000 Shares」

株券が届いてその謎が解けました。例えば「Less than 100 Shares」と角に印刷されている株券には、SHARESという欄に「40」とかスタンプが押してありました。

どうやら100株まではこの株券を使う、10000株まではこの株券を使うという形の株券があるんですね。アメリカ株をやっている人には常識的なことなんでしょうか?知りませんでした。普通に最初から「100SHARES」と印刷されている株券もあります。

まだまだ分からないことがたくさんありますが、こうやって1つづつ新しい発見があるのは楽しい。



| daily082 | コレクション | 22:35 | - | - |
雑談&株券コレクター

『コスト・カッター』を読み終わりましたが、こんなにつまらない経済小説は久しぶり。本は面白いのにTVとか映画になると途端に表面的で薄っぺらくて面白くなくなってしまうというのはよくありますが、この本は、その薄っぺらになったTVを読んでいるような感じ。

ちょっとジャンルが違うけど同じく国際的な話の『ジェノサイド』は、これが日本人が書いた小説なの?と昨年読んだ時の衝撃がまだ残っています。これはオススメ。

今は『僕は君たちに武器を配りたい』瀧本哲史著を読み始めました。082が今更読んでもしょうがないけど、面白い。お口直しにという言葉がありますが、つまらない本を読んだ後の、お目直しという感じでしょうか。

ところでeBayで買った株券はまだ届きません。住所に町名が抜けていたのですが、今は郵便番号で町名まで分かるから、その内届くでしょう。

町名が抜けていることに気づかず出品者に問い合わせをしたら「ドイツなんか1か月かかったよ」という返事が来ました。

ところでドイツには(ドイツでも?)株券をプレゼントに贈ることがあるようでした。昔の話ですが、当時のドイツ人上司から日本の会社の株券の本券が手に入らないかと聞かれた事がありました。

その会社の会社名の発音がドイツ語だと、縁起がいいとか、娘の名前と同じだとか、なんだかそんな話でプレゼントにしたいという事だったと思います。当時は端株専門に取り扱うような証券会社があり(今もあるのかな?)、そこに聞いてみようかと考えた、ところまでは記憶にあるのですが、その後どうしたかは全く記憶にありません。

昨日は久しぶりに土曜日出社して、昔は証券会社も土曜日は隔週で出社していたな、なんて事を急に思い出していました。証券会社に入社した頃は土曜日も毎週あって、途中から東京証券取引所が土曜は隔週になったんでしたっけ?そんな事ももう忘れてしまいました。土曜日出社だと、当たり前だけど、休みは日曜日しかなくて、ちょっと家の用事とかやったらもうそれで終わりだから、昔はよくやっていましたよね。

| daily082 | コレクション | 11:19 | - | - |
株券コレクター(2)

いよいよ明日、ギリシャの再選挙ですね。選挙後にまた、どの政党も過半数を取れる形での連立を形成できなかったらどうするのかと思っていたら、再々選挙ということになるそうですね?

でも、そんな事やっていたら再々再々選挙と永遠に続いてしまわないのかな?そんな事やってる内に、なんかの融資期限が来て、一巻の終わりになってしまわないのかな?

投票は現地の17時までで、すぐに出口調査の結果が発表されるということで、それは日本時間だと日曜日の23時ですね。世界のあらゆるマーケットがクローズしている時間では?為替はどっかでやっているの?

この週末は、ギリシャの再選挙前で、いったんポジションをクローズしようという動きから、安くなると思っていたら、欧米はお祭り騒ぎのような上げで驚きました。やっぱり彼らは楽観的なのかな?緊縮派が勝てば上がるし、負ければ、危機を封じるため世界中の中央銀行が一斉に資金供給をするからそれでも上げ、という事のようですね。勝っても負けても上げ。相場が上に行きたがっている時には、そういう事もありですね。

私は正直よく分かりません。どっちが勝っても負けても、短期的には危機が避けられても、遅かれ早かれギリシャはユーロを離脱するしかなくなる、という意見に私は一票入れます。

さて株券コレクターとして、eBayでStock Certificatesを買ってみました。まずebayのアカウントを作るのは当たり前ですが、決済のためにpaypalにも登録するのがほぼ必須なんですね。これがまた少し大変でした。みんなちゃんと登録出来ているのかな?

最初に買ったのは「株券セット」。いろいろな株券がセットで10ドルとか!安いもんですね。でも送料に10ドルかかったりするので注意が必要。

株券の角に「LESS THAN 100 SHARES」や「Not more than 10,000 Shares」なんて印刷してあるのがあったりして、これは何なんでしょうか(^^?)もしかして、常識?

railroad会社の株券がたくさん出品されていた。歴史的に開拓時代にたくさんの鉄道会社が存在していたが、自動車の時代になり多くの鉄道会社が倒産した、とかいう話なのでしょうか?
 
International Telephone & Telegraphの株券なんかもありましたが、今はもう株券としての価値はないんですよね?ITT Companyの株券に交換できるなんてことはないんですよね?

American Tabaccoという会社はもうなかったっけ?簡潔に説明が書かれているのですが、簡潔すぎる英語もよくわからない(^^;)

今も有価証券として価値あるものを買うと面倒なことになりかねないと思いつつ、eBayに出品されているならアンティークなんだろうと、まとめて買ってみました。大丈夫かな?

paypalで決済し、「Congratulations! Thank you for your first eBay purchase!」
なんてメールも来たのですが、肝心の株券がまだ届かない。大丈夫なのかな?「住所はこれだけか?」みたいなメールが来ていたのが今更だけど気になる。

何をやっても心配ばかりで楽しめない。これは悲しいけど性分ですね。あまり幸せになれない性分。でも株を買う時だけ楽観主義者、スーパー・ポジティブ思考なってしまうからタチが悪い。

さて、明日はビールとおつまみを用意してギリシャの開票結果を待つこととするか。

| daily082 | コレクション | 23:27 | - | - |
株券コレクター(1)

金曜日の日本株の下げは意外な感がありましたが、スペインの銀行救済にユーロ圏が10兆円用意するという事で、今週はまた反発ですか。

実際の株の売買から遠ざかってしまったので倒産した会社の株券でも集めてみようかと思っています。以前に書いたこともあるのですが、実は山一證券や長銀が倒産した頃にほんの少しだけ集めた事があります。

当時誰かに聞いたのですが、アメリカとかではアンティークとして株券収集家や彼らが売買しているマーケットがあるそうですね?

私が一番最初に手にした倒産した会社の株券は「大映映画」の株券です。証券会社の新入社員として名古屋で飛び込み営業していた時に「本物の株券を見たことがないんですよ」なんて話から、紙クズになっちゃった株券があるからとくれたものです。当時(今も?)、名古屋の人は証券会社とかを信じてなくて、本券で受け渡して、自分の金庫に入れておくという人が多かったので、紙クズになった株券がそのまま金庫に残っていた。その時もらった「大映映画」の株券は今も我が家のどこかにあるはずです。

山一証券のは、倒産までの5代くらいの歴代社長の名前が全部そろっているはずです。従業員持ち株会でずーっと買っていた人から譲ってもらったものだったと思います。「歴代社長全部あるから、どれでもいいよ?」なんて言われて、喜んでいいのか複雑な気持ちがした記憶があります。今、揃えようとしたらなかなか大変なんじゃないかと、お気に入りのコレクションです(どこにしまったかな?}。

もう当時の事は忘れてしまいましたが、金融危機で景気が悪かったせいだと思うのですが、その後、自分も失業したりしていい事がなく、運勢が悪くなったのは「もしかして、倒産企業の株券なんか手に入れたからかな?」なんて思って、それ以来、手にするのはやめて、家の奥にしまい込んだままです。トランプやダイヤモンドで、それを手にするとみんな運勢が悪くなるってお話がよくありますね。ルパン3世で「ナポレオンのトランプ」なんて話もありましたよね?

倒産株券を手にすると運勢が悪くなるのか、運勢が悪くなりかけると倒産株券を集めたくなるのか?どっちなのか分かりませんが、だからここでまた手を出すのはちょっと心配な気もするのですが、、、、、

ところで、株券コレクターの人は日本にどれくらいいるのでしょうか?いたら手を上げて下さい(^^)。それと、倒産した株券を持っている人で売りたいものがあれば試しに連絡下さい。


| daily082 | コレクション | 13:32 | - | - |
みんなの日経225予想 by systemtrade-life
表をクリックすると時間別推移の頁に行きます。



<twitter>
https://twitter.com/daily082
ツイッター楽観指数

<ゴールデンチャート>
■日経平均株価
■東証1部騰落レシオ25日

Windex
世界の株価指数

業種別指数 & 主要銘柄 by stocklife
バルチックドライ by Bloomberg
逆日歩情報 by GoldenChart
NT倍率

やさしいIPO
とらのすけブログ

+ RECENT COMMENTS
+ Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ Amazon

+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE
+ SPONSORED LINKS