The Daily 082 Top Screen
 
春の山を見て、冬山に備える?

明日はお疲れ休みなので、まだ起きています。

 

週末久しぶりにFaceBookを見たら、春山さんの「キャッシュ比率を100%にした」との書き込みがちょうど出てきた。こんなタイミングって運命か? 4月4日から6日にかけてポジションを全部売ってキャッシュ100%にしたようです。

 

評論家やストラテジストが何を言おうが、それほど気にしなくていいと思うのですが、実際に運用している人が実行した事には敬意と注意をはらいます(春山さんて、実際に運用してるんですよね?)。

 

「その人が何を言ってるかではなく、何を行っているかに注目しろ」というような言葉があった。

 

2007/10/24以来の100%キャッシュだそうです。当時がどういう時で、その後相場がどうなったのかまだチェックしていませんが、実際の運用者が100%キャッシュにするなんて、相当な事だと思う。

 

ここに書くためにもう一度FaceBookを見たら、結構長々と背景等を書いていたのですが、根が面倒くさがりやなのでさらっとしか読みませんでしたが、2015年12月から始まって、アメリカはもう3回も利上げしていたんですね。

 

昭和世代はこう習ったとして、
1回目の利上げは「黙って買い」
2回目の利上げは「用心して買い」
3回目の利上げは「下落がくる」

 

と書いていしまたが、まさに私もそう習いました。

 

私も含めマーケットの雰囲気としては、日本株は4月入りで上がるだろう、そして米国もトランプ減税や規制緩和がされたら、ただでさえいい米国景気が大変な活況になってしまうのでは、というのが多数派のだったように思いますが、冷静に見たらもう3回目の利上げをしていたんですね。

 

3回も利上げしているのに、とらのすけさん以外はみんな下より上を見ていた。この状況は危険。相場はもうレッドラインを超えているのかも。

 

さて証券に就職した息子の社会人生活がスタートしました。まだ1週間なので研修だけですが、確定拠出年金の割り振りを決めないといけないと言ってきたので「全部、株でいいんじゃない」などと適当な事を言ったが、どうなのかな。まあ、最初の内は、相場が下がって行った方が、どんどん安く買えるからいいか(^^)。それより自分のDCを心配した方がいいのか。

 

ところでポーランドの留学ビザの取得要件に、1年目分の保険をかけている事とあるのですが、ネットで見てると留学保険って60日前とか90日前からでないと申し込めないようです。9月から行くためのビザは、6月とか7月にならないと手続きを開始できないって事で、それで手続きが間に合うかとても不安。対面で保険会社に相談に行けばもっと早くから手続きできるのでしょうか?どなたかご存知の方がいたら教えて下さい。

 

| daily082 | 当たるのは誰か? | 01:27 | comments(5) | - |
市川レポートを読んで

「keizai report.com」というサイトがある事を最近知りました。

http://www3.keizaireport.com/

誰が何のためにやっているのか知りませんが、無料であらゆるレポートが読めてしまうようなサイトで「素晴らしい」という他ないです。時間があればあれこれ読みたいけど、残念ながら普通の人はそんなに時間はないですね。

いくつか読んだ中にあったのが三井住友アセットの市川さんのレポート。

「過去の米利上げ局面における為替と株価の動き(その1) 」

http://www.smam-jp.com/useful/report/ichikawa/__icsFiles/afieldfile/2015/06/23/irepo150623_1.pdf

直近4回の、米国が利上げサイクルに入った最初の利上げ実施日前後3か月を分析したレポート。それによると、利上げまでの3か月は日米とも株価が上がり、利上げ後の3か月は下がっています。

そのレポートを参考にすると、FRBの利上げが9月としたらそこまでは強く、その後年末にかけて下がるということになります。ギリシャの国民投票で緊縮受け入れ派が多数となれば、世界中がいっきに再度リスクオンとなり、世界中の株があがると思うので、そこをdaily082は静かに売り上がる。

これで決まりだな、と思っていたら、市川さん自身は「過去の米利上げ局面における為替と株価の動き(その4) 」で、下記のように書いています。

「米国株および日本株は警戒感から夏場にかけて不安定な動きが続く可能性がある」
「日米の株式相場は年末にかけて上昇基調に戻っていくと思われる」

私と全く逆だ。ちなみに最初に紹介した「keizai report.com」ですが、本文を読むにはタイトルを1〜2回クリックするとか、あるいはタイトルの右下あたりに「別窓で開く」という文字があればそこをクリックすることで読めます。

| daily082 | 当たるのは誰か? | 01:53 | - | - |
『迫り来る日本経済の崩壊』
先週の下げで、信用の建玉のほとんどが決済されてしまいました。先月はS高をいくつかとったりして調子に乗っていましたが、これでまた行って来いです。元の木阿弥。やっぱりダメですね。

藤巻健史さんの『迫り来る日本経済の崩壊』という本が出ていたので読みました。国会議員になって初の本という事も興味をそそられました。いい意味で、言ってる事はここ20年(?)変わっていませんでした。

藤巻プロパガンダのFAX(FAXというのがまた時代を感じさせられますよね^^)の頃から変わっていない雰囲気がまたいい。ある時期「このおっさん、いつまで同じこと言ってるんだ?」と思ったりしていましたが、今回はなんか素直に入って来ました。

日本国債が下がらないためには(=金利が上がらないためには)誰も国債を売らないだけではダメで、毎年誰かが40兆円もの国債を買い増してくれないとダメなんだ。遂に銀行も国債の売り手に回ったが、日銀がそれを上回って買ってくれているので下がらないが、それも今年の12月で目標まで買い切ってしまう。そうするとどうなるのか!?なかなか説得力があり、淡々とした書き方も良かった本でした。

いよいよいい所まで来つつあるのかなと思いました。俺も藤巻教に入ろうかな? えっ、もう洗脳されてるって?そうかもしれない。

ところで株が上手くいかないからというわけではありませんが、今日は不動産の話を聞きに行って来ました。何も知らないので1時から5時近くまで色々と教えてもらい久しぶりに楽しい時間でした。ゼンリン地図はipadで、クリック1つでその土地に何階建てまで建てることができるかわかったり、さらにはネット上に自分専用のページなんかが早速できちゃって、こういう所もすっかりIT化されているんですね。

今週は15日に1つIPOがありますが、どうせバカ高い値段が付いて買えないのだろうから、全く見ていません。鳥貴族の公開価格は去年のエスクロAJ(6093)と似ているから値動きも同じかなとか書きましたがまさかそんなに上がるとは思ってもいませんでした。同じならやっぱり鳥貴族も1回は1万円台を見るのでしょうか。まあ、私には関係ないです。

しばらく株から興味がそれそうです。

 
| daily082 | 当たるのは誰か? | 22:26 | - | - |
猿よりマシなのは誰だ?

 これで「猿」三部作完成。まあ、タイトルなんてどうでもいいのですが。

今後の世界が、日本が、インフレになるのかデフレになるのか、そんな大きな流れでさえ私にはわからない。高名な方々も色んな事を言っていうので、ちょっとメモしておきます。

私の記憶の中からのメモなので間違っている部分もあるかもしれません。一応、どれくらいの時間の話かを<>内に書いときました。

■三井住友銀行 宇野大介氏 <ここ数ヶ月>
1ヶ月以内にも円は80円を割れて過去最高値も上回る。米国株も下げに入り、日本株も9000円を割るだろう。ただし日本株は上げていない分だけ米国株よりはしっかりするかもしれない。
(元々、今年の年末に円は60円とか言っていたので円高スタンス。)

■S氏の相場観 <ここ数ヶ月>
為替についてはどうなるか不明とのこと。ただし、これだけお金がジャブジャブなんだから、株も上がるし商品相場もまだまだこれから上がる。まさに不景気の株高になるから買いスタンスでいかないといけない。国債はバブルの頂点にありいずれ崩壊する。今は債券でなく株を買うべき。すでにデフレは終わってインフレの時代に入っているのかもしれない。

■伝説のディーラー藤巻氏 <超長期>
直近の本もパラパラと目次をみましたが、多分言ってることは10年前から変わっていない。これだけの国債残高はハイパー・インフレを起こさない限り返済できない。だから借金して不動産とかを買っておこうというもの。(10年間同じスタンスなので10年間外れ続けているとも言える。)

■Qさん <超長期>
第3837回「次の時代に借金は不向きです」で、インフレになっても(?)不動産は上がらない。むしろ下がる。だから次の時代に借金は向いていないと。

http://www.9393.co.jp/moshiq/kako_mos/2010/10_0911_moshiq.html

| daily082 | 当たるのは誰か? | 00:11 | - | - |
北野一氏のファンです。

株に関する本、雑誌、ツイートなど、何を目にしても実はずいぶん前からもうほとんど興奮しないんです。勃起不全。私の知的レベルの問題もあるのでしょうが、アナリストやストラテジストの大レポートなんかは、難しくてよく分からないし。

そんな中でほぼ唯一読みたいと思うのがJPモルガン証券の北野氏のレポート。毎日数枚の短いレポートを発信していて、それがマネックス証券だと数日遅れで無料で読める。だから毎晩、それを読むのを楽しみにしています。夜な夜な歓喜で身もだえしながら読んでいます。

北野氏は一貫して日本株に強気。だから相場が大きく下がると「世間はついに調整が来たと言い出すが、単なる押し目で絶好の買い場」と書く。もう読まなくても分かるけど、見えていなかった実際の姿を、データとかできちんと説明し、見えるようにしてくれるところが快感。

うまく紹介できるか自信はないですが、いくつか最近のレポートから。

■ニューノーマル論は正しかったのか(5/24)
「そもそも危機が去っていたように見えていたのは間違いで、民間の損失を単に政府に付け替えていただけであったというバブル崩壊説も復活しつつある。しかし、、、」

「ニューノーマル論というのは、グレートパニックは正常化の過程であり、それ以前は異常であったという認識だ。世界経済のけん引役であった米国消費は、住宅バブルによって維持不可能な水準にあった。住宅バブルが崩壊した今、水準訂正は不可避であり、供給側も、、、、これに対し、我々は、、、、」

■似て非なる上海万博と大阪万博(5/26)
「大阪万博は、高度成長を通して拡大した格差を是正するための経済資源の地方分散を象徴している。一方、上海万博は、人口構造の変化に基づく成長鈍化を避けるための労働力の都市集中の象徴である。」

北野氏の更に面白いところは、”上海万博については堺屋太一氏自身が論文で「二つの万博を比べると役割はうり二つ」と書いていて、自分は2つの万博の持つ意味は正反対だと自分は思うが、世間は堺屋さんの説明に耳を傾けるだろうな”と書くところ。私のように盲目的な恋に落ちることはない。あくまで冷静。

もし読んでない人がいたら、すぐにマネックス証券に口座を開くか、JPモルガン証券と取引を開始してレポートをもらうことオススメします。相場に関わっている、人生の、楽しみが1つ増えますよ。

| daily082 | 当たるのは誰か? | 09:57 | - | - |
みんなの日経225予想 by systemtrade-life
表をクリックすると時間別推移の頁に行きます。



<twitter>
https://twitter.com/daily082
ツイッター楽観指数

<ゴールデンチャート>
■日経平均株価
■東証1部騰落レシオ25日

Windex
世界の株価指数

業種別指数 & 主要銘柄 by stocklife
バルチックドライ by Bloomberg
逆日歩情報 by GoldenChart
NT倍率

やさしいIPO
とらのすけブログ

+ RECENT COMMENTS
+ Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ Amazon

+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE
+ SPONSORED LINKS