The Daily 082 Top Screen
 
ビスクドール売るなら日晃堂

母の所にあったビスクドール2体をこの週末に売ったのですが、買取業者の対応は様々でした。私に取って初めてでかつ多分2度とない経験だったので、一応ここに載せておきます。

 

ビスクドールは顔があまりにリアルで怖いぐらいの人形で、バブルの頃にとても人気だったのですが、その後は顔が怖いから(?)とあまり人気ではないような。

 

母が買ったのもバブルの頃ではないかと思うのですが、本人は数十年前に数十万で買ったという事くらいしか覚えていない。当時、鑑定書を見せてもらった記憶があるのですが、どこを探しても見つからなかった。

 

買い取ってくれるところは骨董品屋というのがあってるところと、単に買取業者と呼んだ方があってるところがあると思いました。

 

今時の業者は、大手であればLINE査定ができます。LINEができなくてもメールでの査定依頼ができます。どちらも写真を送るだけですが、LINEは対話型になっている。LINE査定でだいたいの値段を出した後に、出張査定・買取をやってるというのはどこも同じパターン。

 

さて実際の対応はどうだったかというのを書きます。

 

■買取福助:LINE査定で一番回答が早かったが、2体で1万円くらいとの事。
→実際に買い取りに来てもらったら、もっと値切るのではとなんとなく思った。

 

■八光堂:LINE査定では判断が難しいので、近くの店舗に持ってきてくれれば鑑定するとの事。
→見に来てはくれないんだな。

 

■本郷美術骨董館:LINE査定はないがwebで査定依頼ができる。
→ここは返事がなかった。

 

■日晃堂:
LINE査定ではよく分からなかったので見に来たいとの電話連絡り。出張してくれると言ったのはここだけだった。

 

詳しく書くと担当者が誰かも分かってしまうので書けませんが、いっぱい面白い話を聞かせてもらった。他になんでも鑑定しますと言うので、実家から持ってきたコイン、切手、ネックレスなどを見せた。記念貨幣セットなどは一番値が付きやすいと思ったが、意外にも500円硬貨は500円の価値しかなかった。例えば昭和62年のだったら数千円になるらしい。切手シートは、だいたいのは8掛けの値段にしかならないので大量でなければ自分で使ってしまった方がお得との事。着物は古い人のだと、今の人のと身長が違うのでナドナド、あっという間に判断していく。結局、うちが出したものではビスクドールしか値が付かなかったが、お見事という感じ。

 

ビスクドールは鑑定書ではなく、認定書というようで、それがあれば後数万円は高くなったそうですが、それでも買取福助より何倍もの値段が付いたので大満足。

 

決して押し買いすることなく「この値段で良ければ買います」というスタンス。更にクーリングオフ期間が8日間あり、買い取ってもらった後でも8日以内ならキャンセルができる。その一方で、逆に買い取ったものが偽物であった場合では、買取をキャンセルされてしまうという事にもなっている。

 

知らない事ばかりで、大変興味深い経験ができて楽しかった。

 

今度IPOする「buysell」の事も聞けば良かったが、全く忘れていた。同じ買取業者であっても雰囲気はまったく違う気がしました。

 

もう何もないけど、今度も何か売るなら日晃堂と思いました。

 

| daily082 | 番外編 | 00:43 | comments(5) | - |
息子の帰国

ここに書く話題ではないのかもしれませんが、セブの語学学校に行っていた息子が、トランプさんの来日と同じ今日、帰国しました。

 

たった2ヵ月ですが、毎日3時間睡眠で英語を勉強すると共に、毎週のようにあちこちの島に行ったりと、人生はこんなに楽しい時もあるんだ、というくらい充実した日々を送ってきたようです。

 

日本にいると何かしたいと言っても、否定する人や懸念材料を言う人ばかりだったが、逆に向こうでは夢を持って来ている人ばかりで(聞いていると、パイロットを目指している人が何人もいた)、とても刺激になったようでした。

 

特に40歳台のEさんから言われたと言う言葉が私もすごいなと思いました。Eさんは今は台湾でビジネスをしているが、セブの魅力にとりつかれ(?)今度はセブで起業するとかいう人。

 

彼から息子が言われたのが「お前は日本人だから、まず準備をしてから始めようとしていると思うが、そういう人は10年たってもまだ準備しているんだ。準備とはその場その場でするものなんだ。志があればまずスタートしろ。動け!」。

 

語学学校は18歳や19歳の若者も多い。Eさん曰く「お前から見たら、18とか19の若者はなんだって挑戦できるし、失敗したってどうにかなると見えると思うけど、俺から見たら20代前半のお前だって同じなんだ。お金が欲しいからというのではなく、志があって頑張っていれば、どこからか理解者が出てくるものだ。だからスタートしてしまえ」。

 

私には言えないアドバイスでした。

 

ロシア第2位の銀行でアナリストをやっているロシア人とルームメイトだった時期もあり「なかなか金融から逃れられない」と言っていた。オリンピックの時には日本に来るので我が家に泊めてくれといってるそうですw 私はまだロシア人と話をしたことがない気がするので、ちょっと話してみたいな。カミさんは勘弁してくれって言ってますがw

 

| daily082 | 番外編 | 23:45 | comments(7) | - |
悲報、初・在宅勤務!

この金曜日は、生まれて初めて在宅勤務というものをやりました。前週からいろいろ申請や設定などをして、自宅のPCから会社のPCに接続できるようにして、自宅で仕事をやりました。

 

金曜日は朝から大雨で、通勤しなくていいのは最高。朝は、昔でいうTV電話で会議に参加。なんだか、今時の新しい会社のよう。最高!などと思ったのは甘かった。

 

基本的に在宅勤務に対して、自宅でなんかちゃんと仕事していないだろうとか、サボっているという先入観をみんな持ち過ぎ。お昼には「午前中の成果を提出しろ」ときて、一日終わったら「成果が少な過ぎ。その理由を提出しろ」とか、真面目に働いていたのにいい加減にしてくれって感じ。

 

しょうがないから、金曜日は夜の家族のだんらん後、夜中の1時半まで仕事して、カミさんに「アホじゃないの?そんなんなら会社行ってた方がいいじゃん」「二度と在宅勤務なんてやらないで」と言われた。

 

しかし在宅勤務をやってる人は、フリーで仕事を請け負っている人も含めて、”どれだけの成果があれば十分とみなされるのか”という問題といつも戦っているんだなと気づかされました。

 

在宅勤務は思った程、得じゃないかも。会社に行ってれば大した仕事をしてなくても”今日の成果が少な過ぎ”なんて言われないもん。在宅勤務という事に対する嫉妬もあるのかもしれない。まあ、いまのこの会社じゃ割に合わない事が分かった。

 

でもまあ、今日もこの後また仕事しないと。。。。。

 

もう金輪際、在宅勤務なんてやらないぞ!

 

そういえばkokorinさんは、自宅で仕事でしたね。デザインとかの仕事はまた別ですよね。ふっとアイデアが出る場合もあるでしょうし、その反対にいくらやっても納得するものができなかったり。サラリーマンからすると「家で仕事ができるなんて」というだけで、うらやましく思っていましたが。

 

| daily082 | 番外編 | 09:47 | comments(6) | - |
中国不動産バブルはまだまだ続く

とらのすけさんが早々にコメントを入れてくれたように、世界同時株安ですね。こうなると、先日のフェイスブックとツイッターの急落は、世界株安の前兆だったのではと思われてしまいます。

 

この株安とは関係なのですが、春から一緒に働くようになった中国人の話が結構面白いので、書いときます。

 

彼に言わせると中国の都心の不動産価格はまだまだ上がると。彼自身、3年前に最初シンセンでマンションを買おうと思ったが見送ったところ、その後1年で倍になってしまったそうです。

 

2倍になっても買おうと思ったが、その頃にはもうシンセンは、シンセンの社会保険に入っている証拠(?)か何かないと不動産を買えなくなっていたので、日本で働いている彼には買う事ができなくなっていました。ところが、その隣り町(?)では当時(2年前)まだ、シンセンのような規制がなかったので、不動産を見に行ったその場で1700万円程度のマンションを購入したそうです。ちょっと考えますなんて言ってたら、すぐ売り切れちゃうので、即決断しないとダメらしい。

 

ただし700万円は頭金で入れ、後の1000万は中国の銀行でのローン。中国ではバブルのせいか、もしローンが通らなかったら頭金は没収されて返ってこないそうなんです。だから彼はローンがおりるまでの1か月ほどヒヤヒヤだったと。

 

ここがまた面白いのですが、彼がなぜヒヤヒヤだったのかという理由。日本で働いている彼は中国の銀行でローンを組むのに必要な書類なんか揃えられないんです。そこで3万円で偽装書類を一式買って、それでローンの申請をしたそうなんです。

 

「書類が本物なら心配ないんだけど、偽造だったから、、、」

 

やっぱり中国の人ってすごい(^^!)

 

目出度くローンは通って、彼はいまそのマンションを人に貸して、値上がりを待っています。

 

中国の賃貸って、最初だけ不動産会社にお礼をするが、あとの月々の家賃は借りた人と家主との直接取引になるそうなんです。家賃はちゃんと入って来てるの?どうやって?などと聞いたら、これまた驚きなのですが、「Wechat」の画面を見せてくれた。

 

LINEメッセージのように、Wechatに「xxx円」などとメッセージが入っていて、それで中国から家賃の送金完了。あまりに簡単で驚き。もう面倒な銀行送金なんてやってないんです。それにWechatなら、監督官庁(?)に知られる事なくお金のやり取りができる。

 

彼によると、少し前までは、購入するには当たり前ですが販売所まで行く必要があったそうですが、いまや不動産販売はネットが中心だそうです。その過熱ぶりがまたスゴイ。

 

ネットで「xx日のxx時に販売を開始します」となっていると、もうみんな数分前から携帯で不動産会社のページを出して、”購入ボタン”を連打し続けているそうです。それで買えるかどうかは運次第と。

 

なんでこんな事になったかというと、大都会の売出しだとあっという間に売れてしまうため、今までのように人間が対応していると買えなかったお客から「あの営業マンがノロマだったから、、、」などと訴えられかねない事態になっていたからだそうです。

 

おそるべし中国人パワー!!

 

さて、書いている内に世界株安は、とりあえず、ちょっと落ち着いたようですね。

 

| daily082 | 番外編 | 00:57 | comments(5) | - |
ディノスでは金輪際買わない!

みなさん、ディノスでは絶対買わない方がいいと思います。私は金輪際、ディノスでは買いません。

 

こういう文句ばっかり書いているからアクセスも減っているのかもしれませんが、ディノスは本当に最悪。先日、破損商品を送って来た話を書きましたが、今日はその交換商品の再配送の話です。

 

先日お詫びの電話があり、その時「交換商品は早くて5月13日の日曜日」という事で、「もしそれより早く届けられるようならまた連絡します」という事だった。

 

それが昨日、5月11日(金)に届いた!それも何の連絡もなく。カミさんが家にいたから良かったものの、ディノス−佐川急便はどうなってるの??

 

配送する佐川急便も、大きな下駄箱を電話もなく平日の昼間に届けに来て、人が家にいる方が少ないでしょ。

 

実際には5/10にディノスから「交換商品を発送しました」というメールが一本ありました。それだけ。メール本文に「今日発送したので、5/11頃に届く予定です」とあったが、先日の電話では早くても5/13という事だったし、早くなるようなら連絡するってあんなに申し訳なさそうな声で言ってたし、それに”11日頃に届く予定”ってなんだ?

 

大きな荷物なので、結局は予定の5/13(日)に届くのかな?それに午前って指定したのに、メールには時間の事は何も書いてなかったなどと思っていたら、金曜日の午前中に届いた。

 

まだ梱包を解いてませんが、もしこれで中身がまた破損してたら、、、、、もう本当に面倒だからやめてくれ。お願いだから商品に問題がありませんように。

 

最近メルカリを始めましたが、メルカリでもみんなもっと丁寧で頻繁な連絡をしてますよ。それじゃなきゃ、すぐに悪い評価が付いて放り出されてしまうから。それに比べ、ディノスや佐川急便は何なんだ?評価が付かないから、適当な商売やってるんだろうな。もう終わってる会社だな。

 

日曜日は下駄箱が来て、どうせ1日片づけとかでつぶれてしまうと思い、ガスの点検も入れたのに、これで単にガス会社を待つだけで1日つぶれるじゃん。もう本当に頭にくる。

 


 

| daily082 | 番外編 | 00:45 | comments(7) | - |
みんなの日経225予想 by systemtrade-life
表をクリックすると時間別推移の頁に行きます。



Investing.com
daily082のツイッター
トレーダーズ Web

<仮想通貨関連>
■BTCN ニュース
■Bitcoin情報
■COIN テレグラフ
■MOBLOCK

<IPO>
IPO初値予想
やさしいIPO

とらのすけブログ

+ RECENT COMMENTS
+ Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
+ 最新記事
+ Amazon

+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE
+ SPONSORED LINKS