The Daily 082 Top Screen
 
<< 何してます? | main | トンネルを抜けたところでの雑談 >>
お題:アップルとグーグルの鞘取り

鞘取り、裁定取引、スプレッド取引、ブルベア、全部同じでしょうか?全部同じ言葉ならやっぱり「鞘(サヤ)取り」が一番雰囲気があって好きだな。

さて、アップルとグーグルの鞘取りというお題を頂きましたので、いろいろ見てみました。

2005年からの月足、2008年からの週足を見るとほとんど同じ動き。相関係数(?)なら0.9以上という感じ。ところが、今年に入ってからの日足を見ると逆相関。アップルは上がり続け、グーグルは下がり続けている。

アップルは13週と26週移動平均線がサポートになりキレイな上昇トレンドにあり、一方のグーグルは13週と26週移動平均線がデッドクロスしキレイな下降トレンドにあり、もし株価がそこまで戻ったら空売りしたいチャート。

よって移動平均線とトレンドからすると、アップルは押し目買い、グーグルは戻り売りをしたいところ。

投資顧問とかのブルベア投資はファンダメンタルズとかを考えて、キリンビールよりアサヒビールの方が美味いからアサヒ買いのキリン売りとかやるのでしょうが、鞘取りは基本的に値動きだけを見るものと思っています。

もう一度株価の動きに戻って考えてみます。株価は昨日の引けのアップル:250ドル、グーグル:487ドルで考えます。アップルの株価の2倍からグーグルの株価を引くと今は+13ですが、2005年から2007年は平均値で-265ぐらい。だいたいそこからプラスマイナス40ドルの値動きだった。それが2007年から2009年末で見ると、平均が-165で、そこからプラスマイナス40ドルの動き。

そして今年の1月からで見ると、期間が短いのであんまりあてにならないけど平均が+10、そこからプラスマイナス25ドルくらいの動き。今の+14は直近では平均的なところ。

ただもう少しよく見ると、1月〜3月まで逆相関だったのが、4月からまた順相関(こういう言葉ないのか?)になって来ている。つまり過去5年間かなり相関が高かった両銘柄が、今年の最初の3ヶ月間だけイレギュラー的に逆相関だったが、今また元通りの高い順相関を示すようになってきている。逆相関だった理由について考えてみると、この時期アップルへはiPad発売開始への期待感があったのかも知れず、一方でグーグルは検閲問題での中国との関係悪化、撤退があった。

今また元通りの高い順相関を両銘柄が取り戻したとなると、鞘も以前の水準にもどるかも知れず、いずれにしても今のアップルは、グーグルに比べて過去5年間で最高に高いところまで買われているので、結論は、鞘取りをするならアップルの売り、グーグルの買いという事になるのでしょう。

(アップル×2)−(グーグル)が最高で+35くらいだったので、それが+45とか+50となってしまったらロスカット。鞘取りでもロスカットを決めておくことは大切。

普通に移動平均線だけで考えていたら、間違いなくアップル買いの、グーグル売りが、鞘取りだと逆になっちゃうんだから我ながら不思議。

| daily082 | サヤ取り | 00:00 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:00 | - | - |
みんなの日経225予想 by systemtrade-life
表をクリックすると時間別推移の頁に行きます。



Investing.com
daily082のツイッター
ツイッター楽観指数

<仮想通貨関連>
■BTCN ニュース
■Bitcoin情報
■COIN テレグラフ
■MOBLOCK

<IPO>
IPO
やさしいIPO

とらのすけブログ

+ RECENT COMMENTS
+ Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
+ 最新記事
+ Amazon

+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE
+ SPONSORED LINKS