The Daily 082 Top Screen
 
<< 2007〜2008年の相場振り返り(1) | main | 2007〜2008年の相場振り返り(3) >>
2007〜2008年の相場振り返り(2)

■2008年について
2008年の株式市場についても下記のブログが一番よくまとまっていました。

 

話はそれますが、こういうまとめ月次のまとめ記事と、その上にkokorinさんのその月のTOP画像を入れて、『株式相場絵日記』みたいのが残せたら面白いなと思っていたんです。私が不精ものだったために実現できず残念。

 

08年株式市場ふりかえり(1)
http://money.mag2.com/invest/soubanote/2008/12/081.html

 

この年は大発会でいきなり一時765円安を記録し波乱の幕開けとなった。日経平均は15000円割れで始まり、月末には13500円台まで下がった。

 

2月には東芝がHD-DVDからの撤退を表明し話題になった。3月にはベアー・スタ−ンズが資金繰り危機に陥り日経平均は12500円台に。

 

その後6月には14000円台を回復。7月にはWTIが145ドルのピークをつけた。

 

8月に再び13000円すれすれまで下がっていた日経平均は、9月14日のリーマン・ブラザーズ破綻(リーマン・ショック)を受け11000円台まで下落。10月にはなんと7000円割れまであり、年始の水準から半分になった!

 

http://xn--1-nguwep56l.com/2008/

 

NYダウは年始の12800ドルから、11月には8000ドルまで下がったが日経平均ほどの下げにはなっていなかったんですね。年末には9000ドルを回復。ただ、日経平均は2008年の安値をその後切らなかったのに対し、ダウは2009年3月の6600ドル台まで再度下落し、結局高値からほぼ半値になった。

 

ドル円は年始の108円台から、3月には97円台までの円高に。その後8月には110円台まで円安にもどったものの、リーマンショック後は再び急激な円高となり、12月には90円割れまであった。

 

===
もうかなり疲れてしまいましたが、債券と金も見とかないと。でもごく簡単に。

 

債券は、信用危機から一時売られるも(金利上昇)、大幅な金融緩和を受けて買われた(金利低下、価格値上り)という感じだったようです。

 

金価格は2007年の8月以降、サブプライム問題が表面化するに従い大きく買われたが、2008年の前半でいったんピークをつけ、その後は信用収縮で手持ちの金も売却されたとかでいったん下がりますが、危機後のジャブジャブの金融緩和を受けて再び大きく上昇、といった感じでしょうか。

 

| daily082 | まとめ | 15:15 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 15:15 | - | - |









みんなの日経225予想 by systemtrade-life
表をクリックすると時間別推移の頁に行きます。



<twitter>
https://twitter.com/daily082
ツイッター楽観指数

<ゴールデンチャート>
■日経平均株価
■東証1部騰落レシオ25日

Windex
世界の株価指数

業種別指数 & 主要銘柄 by stocklife
バルチックドライ by Bloomberg
逆日歩情報 by GoldenChart
NT倍率

やさしいIPO
とらのすけブログ

+ RECENT COMMENTS
+ Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
+ 最新記事
+ Amazon

+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE
+ SPONSORED LINKS