The Daily 082 Top Screen
 
<< 青雲語録・No29 | main | 人類滅亡証券? >>
中国不動産バブルはまだまだ続く

とらのすけさんが早々にコメントを入れてくれたように、世界同時株安ですね。こうなると、先日のフェイスブックとツイッターの急落は、世界株安の前兆だったのではと思われてしまいます。

 

この株安とは関係なのですが、春から一緒に働くようになった中国人の話が結構面白いので、書いときます。

 

彼に言わせると中国の都心の不動産価格はまだまだ上がると。彼自身、3年前に最初シンセンでマンションを買おうと思ったが見送ったところ、その後1年で倍になってしまったそうです。

 

2倍になっても買おうと思ったが、その頃にはもうシンセンは、シンセンの社会保険に入っている証拠(?)か何かないと不動産を買えなくなっていたので、日本で働いている彼には買う事ができなくなっていました。ところが、その隣り町(?)では当時(2年前)まだ、シンセンのような規制がなかったので、不動産を見に行ったその場で1700万円程度のマンションを購入したそうです。ちょっと考えますなんて言ってたら、すぐ売り切れちゃうので、即決断しないとダメらしい。

 

ただし700万円は頭金で入れ、後の1000万は中国の銀行でのローン。中国ではバブルのせいか、もしローンが通らなかったら頭金は没収されて返ってこないそうなんです。だから彼はローンがおりるまでの1か月ほどヒヤヒヤだったと。

 

ここがまた面白いのですが、彼がなぜヒヤヒヤだったのかという理由。日本で働いている彼は中国の銀行でローンを組むのに必要な書類なんか揃えられないんです。そこで3万円で偽装書類を一式買って、それでローンの申請をしたそうなんです。

 

「書類が本物なら心配ないんだけど、偽造だったから、、、」

 

やっぱり中国の人ってすごい(^^!)

 

目出度くローンは通って、彼はいまそのマンションを人に貸して、値上がりを待っています。

 

中国の賃貸って、最初だけ不動産会社にお礼をするが、あとの月々の家賃は借りた人と家主との直接取引になるそうなんです。家賃はちゃんと入って来てるの?どうやって?などと聞いたら、これまた驚きなのですが、「Wechat」の画面を見せてくれた。

 

LINEメッセージのように、Wechatに「xxx円」などとメッセージが入っていて、それで中国から家賃の送金完了。あまりに簡単で驚き。もう面倒な銀行送金なんてやってないんです。それにWechatなら、監督官庁(?)に知られる事なくお金のやり取りができる。

 

彼によると、少し前までは、購入するには当たり前ですが販売所まで行く必要があったそうですが、いまや不動産販売はネットが中心だそうです。その過熱ぶりがまたスゴイ。

 

ネットで「xx日のxx時に販売を開始します」となっていると、もうみんな数分前から携帯で不動産会社のページを出して、”購入ボタン”を連打し続けているそうです。それで買えるかどうかは運次第と。

 

なんでこんな事になったかというと、大都会の売出しだとあっという間に売れてしまうため、今までのように人間が対応していると買えなかったお客から「あの営業マンがノロマだったから、、、」などと訴えられかねない事態になっていたからだそうです。

 

おそるべし中国人パワー!!

 

さて、書いている内に世界株安は、とりあえず、ちょっと落ち着いたようですね。

 

| daily082 | 番外編 | 00:57 | comments(5) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:57 | - | - |
何か中国の不動産市場は、この話が本当だとすれば、ドロボウ市場の様相ですね。「ローンが通らないと頭金を全部没収される」とか「3万円で偽造書類を一式買って」とか「監督官庁に知られることなく」などと言われると、偽造や脱税など犯罪の温床のようですね。

私も何年か香港に住んでいたから、隣の深&#22323;には何度も行っていますし、事情はなんとなくわかりますが、ここまで酷くはないと思いますよ。その中国人の方は、どういう事情で082さんの会社に来たのかは知りませんが、注意をされた方がいいと思います。そのうち「いい儲け話があるんだが・・・」とか言われると、082さんならすぐに引っ掛かりそうだからw
| 青雲 | 2018/08/17 9:37 AM |
この話、以前にもここで話した香港で世話になっていた不動産業者に、念のため確かめてみました。「深センの隣町で、1700万円の物件を頭金700万円を払って、残りはローン1000万円を組むとして、ローンが通らなかったら、頭金の700万円は没収されるのか?」と聞いたら大爆笑されました。「もしそんなことがあれば、相手は詐欺師であって、700万円の詐取容疑で逮捕されるよ」と軽く一蹴されてしまいました。

そもそもこんな詐欺話が本当に実在するのか、その中国人のホラ話か、それとも082さんの勘違いか、あるいは話を面白くするために盛ったのか… いずれにしても面妖な話ですな。

| 青雲 | 2018/08/17 3:03 PM |
>軽く一蹴されてしまいました。

えっ、そうなんですか!
彼が買ったのは2年前で、携帯で連打という話は今の状況と聞いています。

毎月2〜3万円の家賃が入っていて、彼のローンは8万円くらいなので、毎月5万円の持ち出しですが、それくらいは値上がりでいくらでも元が取れるという算段です。

彼は筑波の大学院を出て新卒で入社して、もうそれなりの年齢です。詐欺ってまじですか!!
| daily082 | 2018/08/18 10:57 AM |
この問題については、いい加減な返事はできませんので、ウチの顧問税理士にも聞いてみました。彼は一橋大出で顧客には外国人もいますので、少し突っ込んで聞いてみました。

そもそも中国本土では、売買契約書を締結する前に、購入価格や決済の方法、引き渡しの条件などを定めた「購入意向書」を取り交わすそうです。この意向書には、天災や様々な災害等の不可抗力が発生した場合や、購入者が自己都合で中途で購入できなかった場合などの、手付金の処理方法が記載されているそうです(後者の場合は手付金は帰ってこないか、減額して帰って来るようです)。

そしてこれは、あくまで「手付金」であり、普通は700万円もの高額の「頭金」を、銀行のローン審査に落ちたからと言って、全額返してもらえないということはないようです。いくら中国とはいえ、こんな事がまかり通れば、ローン審査に落ちそうな、返済能力のない人から、頭金だけ取り上げるのは簡単で、これは一種の「詐欺行為」です。

そのほか、提出書類の「偽造」や、監督官庁?にわからないように「脱税」もどきの事をするというのは、「中国人の話が結構面白い」では済まないと思います。
| 青雲 | 2018/08/18 12:21 PM |
お調べ頂き、ありがとうございます。なんとも微妙な話題になってきてしまいましたね。

彼が私に大げさに話したのかもしれません。それだといいのですが。本当に大丈夫なのかと、根掘り葉掘り聞くほど親しくないし(^^;)

彼の周りにも、会計士や、実際に20件も所有してそれだけで生活している人もいるようなので、無事を祈るばかりです。
| daily082 | 2018/08/20 6:54 PM |









みんなの日経225予想 by systemtrade-life
表をクリックすると時間別推移の頁に行きます。



Investing.com
daily082のツイッター
ツイッター楽観指数

<仮想通貨関連>
■BTCN ニュース
■Bitcoin情報
■COIN テレグラフ
■MOBLOCK

<IPO>
IPO
やさしいIPO

とらのすけブログ

+ RECENT COMMENTS
+ Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ 最新記事
+ Amazon

+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE
+ SPONSORED LINKS