The Daily 082 Top Screen
 
Hello, Jim

東京フォーラムの「日本 SAIKOH2011」に行って来ました。5部構成で2コマまで無料で申し込めるので1部のジム・ロジャーズさんと5部の藤巻健史さんを申し込んでいたが、夕方ソフトバンクが無料のアンテナ(?)設置に来てくれることになり結局ジム・ロジャーズさんの講演だけを聞いてきました。

内容を紹介しようと結構メモしてきたら、すでに下記のURLなどネットで色々と流れていました。サンリオとトミーを持っているなんて話も書いてあるし、今日のセミナーで言ってなかった「買うなら野村証券より大和証券を買う」なんて話も出ていた。

http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-24346920111125
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920010&sid=aIaH1kteHWNQ
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920019&sid=akndg0dbd_Iw

もう何年も前にジムさんの講演を聞いたことがありましたが、基本的にその時と言っている事は同じでした。子供には中国語を学ばせろとか、日本は子供を多く生むようにするか、移民を受け入れるようにするか、どちらもできないなら生活水準を下げるしかない、など。

上記のURLの内容と重なる部分もありますが、私なりにまとめときます。
===
来年の世界経済は更に厳しい年になる。世界の混乱の中で日本の安定が一段と際立ち日本が魅力的に映る。国外投資で損をしたお金が日本に戻ってくる事ともあいまって円はこれからも強くなる。

基本的に米欧、新興国は株も債券も全部ダメ。日本株には前向き。1989年は日本中が株を買っていた。今はもうほとんどの人が日本株を諦めている。そういう時こそ反対の事を考える時だ。震災の後に日本株のindexを買った。その後下がっているが28年前の水準にまで下がっている。追加の買いを検討中。

一番魅力的な投資先は商品。農産物、金、銀。全ての農産物は不足し、食品価格は上がって行くだろう。農産物、農業関連株、農地を買うのもいいかも。

金は11年上げ続けたのでもうしばらく調整しても不思議ではない。金か銀、調整が大きい方を買うつもり。中国株はもっと下がると思っていて、その時買い増しするつもり。

アジアにはいっぱいチャンスがある。今一番エキサイティングに思っているのはミャンマー。中国が過去の誤りを認めた1978年と同じ所にある。アメリカ人なので投資できないが。

こないだ中国に行ってきたが、北朝鮮が過去50〜60年間やっていた事は間違っていたと中国に言っているという話を聞いた。アジアで投資チャンスを考えるならミャンマーと北朝鮮、そしてスリランカだ。安く売って高く売るという意味でも安く買えるこれらの国は投資対象として悪くない。

歴史から学んだ事は世界は常に大きく変わっていくということ。哲学を勉強して良かったことは全てに疑問を持つようになり、自分で考えるようになったこと。
===

講演後のロビーで人をかき分けるようにしているSTAFFさんとぶつかりそうになり、見るとすぐ後ろにジム・ロジャーズさんがいた。握手してもらおうかと思ったけど、失礼かな、私が握手を求めたら他の人も殺到するかなとか迷っていたら、私の顔を見てJimが「Hello」と言った。「え、この俺に!?」 何か気の利いた一言を言いたいと思ったがとっさに出るわけもなく、笑顔で歩いて行くJimに日本人特有の微笑みを返しながら、小さな声で「hello」と言った。
 

| daily082 | 為替・債券・商品 | 23:16 | - | - |
金貨に思う

父は自分のおこずかいで金貨を買っては布の巾着袋に貯めていた。その巾着袋を父が亡くなくなった時に、母からいろいろ整理でばたばたするからと預かったが、その後もう10年以上行方不明になっていた。

母に返したような気もしていたが母親のところにもなく「確かにあったよね?お父さんが持って行っちゃったかね」などと最初の頃は時々話題にしていたが、そんな話もしなくなっていた。

最近の金価格の上昇で子供が「我が家も金を買っていればよかったのに」なんて言い出すので、その巾着袋の話をしていたらカミさんがすーっといなくなり、戻ってきた手には、黄色の布製の巾着袋が!「もしあるなら、子供部屋のタンスの奥だと思って」と探したらすぐにあったと。なんで今まで見つからなかったのかな?

これが金貨だ〜!と子供の前で机の上にバーッとあけると数百枚の1/10オンスのメープルリーフ金貨と、金地金も少し。地金は小さいとはいえ、それなりの重さでまさにゴロッという感じででてきた。

袋の中には経理マンだった父らしく、買った年月日と値段を記録した出納帳まで入っていた。それを見るとほぼ毎月1枚ずつ買っていて、買えなかった時は翌月2枚まとめて買ったり、余裕がある時は3枚買っていた。ところがある年は1月に買って、次に買ったのが11月。その間何があったのか。この年は家計が苦しかったんだろうな。

買うばかりでなく1回だけ売った時もあり、そこには「卒業祝い」と薄くなった鉛筆書きがあった。多分お金をくれたんだろうけど、金貨を売ってお金を作っていたとは(^^)親父も相場が好きだったのかな。

さてこの週末のうちに、おばあちゃんのところに届けに行こう。喜ぶだろうな。

| daily082 | 為替・債券・商品 | 11:44 | - | - |
ドルでも買うか?

日米金利差とドル円相場と日経平均の連動が12月に入ってからイマイチに なってしまった。

特に12/15以降の金利差と為替を見る。日米金利差は12/15に2.24台まで 拡大し、その後12/17に2.11台まで縮小したが、昨日12/28に2.34台まで拡大し12/15を上回った。

しかしドル円相場は12/15の84.25から一貫して円高となり、今は82.09。 ただしこの間日経平均は円高にも関わらず高値もみあいを続けてしっかりしている。

日米金利差は11月後半に縮小しているが、この間に逆にドル高円安になっていたので、12月前半に再度金利差拡大しても円安にならなかったのは、しょうがない。差し引きゼロと考えても、12/19以降の逆相関はおかしい。

これはクリスマスのせいだと適当に理由をつければ、ここはちょっと 日米金利差の影響が正しい状態に戻るとして、ドル円で円を買いましょうか。

82円ちょうどあたりで買って、損切りレベルは前回の高値80.23抜けと するのが普通かもしれないけど、ロスカットの80.23抜けというのがあまりに普通でイマイチだな。

シミュレーション売買ではユーロ/ドルを1.3275で買ったいる。 直近高値の1.2963(11/30)突破をロスカットにと考えている。これもあまりに普通すぎてイマイチ過ぎると感じているが、いまだにそこまで行かない。横ばい。

| daily082 | 為替・債券・商品 | 22:03 | - | - |
日米金利差

タイトルからして高尚でしょ。今月のdaily082は違う(^^)

今まで日米金利差でドル円相場が説明がつき、それで儲けられるなんて思っていませんでした。なんだって何も説明することなんてできない、ましてや理屈で儲けることなんか出来ないくらいに思っていました。

ところがちゃんとした人は、そういう数字をちゃんと見ているんですね。恥ずかしながら初めて自分で日米金利差のチャートをちゃんと見てみました。

日足でみると3月末に2.5%あった日米金利差が、9月末の1.5%くらいまで一貫して縮小していた。そこをヘッドに逆三尊のような形を形成し、11月の中旬にネックラインを上抜けていた。つまり日米金利差はチャートでみると、縮小の大底は打っていた。それも米国がQE2を決めたあとに大底を打ち反転拡大に入っているというのが、なんか面白い。今はそこからやや深めの初押しを入れているところ。

中期的な目で見ると今後日米金利差は拡大の方向に向かい、それは円安そして日本株高となる。

ただ一方で、11/15以降再び金利差が縮小しているのに、意外に円がそれほど高くなっていない。今後その遅れを取り戻して円高になり、日本株安になるとも考えられる。

すごい!なんか自分が高尚な人になったような気がする(^^;)でもまあ、私がこんなことを書くようになったら、金利差拡大=円安=株高という連動性もいいところまで来ているということなんでしょう。

でも円安ってロケットの点火装置の役目で、もうロケットは発射しちゃったから後は別のエンジンが引っ張ってくれるのではと、あくまで強気(^^)

| daily082 | 為替・債券・商品 | 23:35 | - | - |
これで取れなきゃ終わっている

EURUS201010


見て下さいこのユーロドルの直近の日足。これ以上は望めない教科書的なチャート。まずチャートの左下の部分、8/25から9月半ばにかけてWボトムを形成し、そのネックラインを上回って上げに入った。

この上げの目標は、1.40-1.41あたりと考えた。下げ幅の倍返しでもあり、ユーロドルの典型的な1波動の値動き0.07-0.075を直前の高値1.335からとった値段でもあった。ほぼその通りとなり、チャートの右上の部分でWトップを形成。

さてここで私の実際の売買ですが、1.40を超えたあたりから何回かショートした。例えば1.41を付けた後、紫のトレンドラインを下回ったところでショートし、一気に1.38台まで下がったが、急反騰してきたのでトントンで決済。

再度1.40台でショートし、黒い線のところは抜けないだろう、抜けても1.42は超えないとの仮定でショートしたが、1.42台に入ってロスカット。

その後、赤い線のネックラインを下回る(上向きの緑色の矢印のところ)のを見て今度こそ下げトレンドに入ったと思うが、一気に1.36台、1.35台に入って行ってしまい売りそびれる。仕方がないので、戻りがあれば売ろうと1.380で売りを指す(下向きの緑色の矢印のところ)。

1.370なら売れると思ったが、相場は行き過ぎがあるものだから戻りがあれば1.38でも売れると思った。また、Wトップ後の下げの目標は薄緑色のラインの1.33-1.34あたりと考えていたので、1.37でショートするとあまり幅がなかった。1.38でショートすれば1.34まででも0.04幅あるし、1.33までなら0.05幅ある、などと考えた。

しかし実際の相場は、1.377くらいが戻りいっぱいで、1.38にはわずかに届かなかった。そこからあっという間に1.33割れへ。

まとめると、チャートはこれ以上なく美しく教科書的で、自分の予想もほぼ当たっていて、何回もショートしたのに儲からず。最後は売りそびれてしまったので、戻りを売ろうと狙ったのも完璧だった。それでも儲けられなかった。

何が足りないんだ?このチャートで儲からないなら相場なんかやめた方がいいよ。よっぽど下手。終わっている。誰か匿名でもいいのでアドバイスください。HELP ME!

新しいPCに慣れてきてチャート入りのエントリーができたのが唯一嬉しい。意外に簡単な方法を発見した。ただ、文章を最初に書いてから図をUPしないと、今回のように何回も線を追加してはUPしなおしてと、結構な手間となり時間もかかる。

| daily082 | 為替・債券・商品 | 22:58 | - | - |
みんなの日経225予想 by systemtrade-life
表をクリックすると時間別推移の頁に行きます。



Investing.com
daily082のツイッター
ツイッター楽観指数

<仮想通貨関連>
■BTCN ニュース
■Bitcoin情報
■COIN テレグラフ
■MOBLOCK

<IPO>
IPO
やさしいIPO

とらのすけブログ

+ RECENT COMMENTS
+ Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
+ 最新記事
+ Amazon

+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE
+ SPONSORED LINKS