The Daily 082 Top Screen
 
青雲語録・No29

「ひとりファンドを作る」

 

私はいずれは、掲題のようなファンドを作りたいと思っている。今はアシスタントの男女が一人ずついるが、彼らも中堅からベテランの域になってきたから、いずれは独立することになるだろう。かと言って、また若い人を一から育てるのも、年齢的にしんどい。

 

そのためには、すべての仕事を一人でこなさなければならない。特に外国株などに関する資料整理は女性のアシスタントがしていた。From 10Kなどの当該外国法に基ずく有価証券報告書をはじめ、Annual Reportと呼ばれる年次報告書、四半期報告書、アーニングreleaseなどの公開情報を集めるのも、彼女の役目だった。

 

もちろん、投資判断や業績の見通しなどのstrategyは私がする。マーケットデータの分析などは、投資のキモとなるからだ。だからこそ、これからはシンプルにしようと思う。最初法人化した時には、チャールズ・エリスの『Capital 驚異の資産運用会社』(日経ビジネス人文庫)を参考にしながら、司法書士の娘(いわゆる「青雲の娘」ねw)と頭をひねった。

 

ただ、これからは周囲に甘えてはいられない。外注できるところは他人に任せて、一人でもやりくりできるような体制を構築しなくてはならない。これが私の相場人生の「終活」の始まりだ。相続対策は親友の顧問税理士が怠りなく、していてくれる。縮小均衡を続けながら、投資から徐々に足を洗うようにしたいと思っている。

 

 

| daily082 | 青雲 | 09:13 | comments(10) | - |
青雲語録 No.28

たしかに世の中うまく行きません。「一発当てる」ことも、反対に「死ぬほど働く」ことも、なかなか難しいからです。

 

一発当てても、それを浪費や見栄に使っていると、新しい付き合いが出来て、さらなる浪費や見栄を呼び込む。邸宅や高級車を持っていますというのもその類いです。かといって死ぬほど働いて、文字通り「過労死」というのも勘弁してほしい。

 

友人たちに聞いてみても、妻や子供たちも、うちの主人は出世したとか、投資巧者だからこれくらい使ってもいいと安易に考える傾向がある。自分で額に汗して働くとか、相場の勉強をするとか、前向きの発想がまずない。ラッキーと思っているだけだ。

 

そういう連中にも読める、私からの珠玉の三冊を紹介する。頭をガツンと殴られること、請け合いだ。何千冊と読んだ本の中で、一冊1億円の価値があると見込んだものだ。世の中にはあまた「金儲け本」があるが、大半は貧乏ライターが書いたゴミだ。こちらは長く読み継がれた本物だよ。

 

)楝神僅察愡笋虜盪差霰髻

 

▲弌璽肇鵝G・マルキール『ウォール街のランダム・ウォーカー』

 

スタンリー&ダンコ『となりの億万長者』

 

 

| daily082 | 青雲 | 23:47 | comments(8) | - |
青雲語録 No.27

<注> 今回から題名を【青雲語録】と改め、回号も最初からの通番に統一したので、前回のNo.24から今回は一気にNo.27になっています。
==

 

〇間はストックの効かない生モノだ。一年がアッという間に過ぎたなどと嘆いている人の、一生もアッという間に過ぎてしまう。

 

△泙此各資産分野のNo1にシフトせよ。最大最良を最短時間で追うのだ。目先、一年後、三年後の目算にも狂いはないか?

 

真の好評は声にならない。また真の悪評も声にならない。それゆえ、世評に寄り掛かる者も、それに怯える者もたやすく崩れてしまう。

 

げ深圓にすがって救われようと願い始めたとき、人は自分で自分をごまかし始めている。見てごらんよ、オウムの信者のなんと情けない顔よ。

 

イ△觸峇屬量簑蟆魴茲里燭瓩砲蓮△修了使用可能なものを異様でもいいから、独創的で有効な方法を試してみよう。私もピンチの時は、そうやって切り抜けてきた。

 

最初にするべきことをやれば、目標の半分はできた。一番苦手で嫌なことを最初にやれば、三分の二はできた。投資も同じである。

 

Ъ分自身のヘタな「条件」に捕らわれないようにすること。心を静かに揺るがせ、泳がせるのだ。そうすれば行く道はおのずと見えてくる。

 

╂質とか考え方と言われるものはなかなか変えられない。自分から決意して変えようとしないなら、ほとんど変わらない。だから、変わった時には新しい世界が開ける。

 

カネはなぜか低きに流れる。そこで大きな口を開けて待っていればよい。何も難しい事ではない。街のジャングルも面白いが、紙(金融商品)のジャングルも面白いぞw

 

夕焼けはどんなに美しく広がっても、暗くなっていくばかりだ。何か一発逆転でやってやろうと思う人は、朝焼けのように、地味で真っすぐの人が相応しい。あなたの事だよw

 

| daily082 | 青雲 | 08:58 | comments(8) | - |
青雲寄稿 No.24

〇笋蝋兇瓩襪箸は「ギャンブラー」であり、守るときは「銀行員」になる。同時に買うときは「データ」第一で、売るときは「哲学」を大事にする。これで何となくバランスが取れている。

 

△みが聞くより話す方が多いなら、きみは役に立つ情報や知識を取りこぼすかも知れない。きみを打ち負かそうと虎視眈々と狙っている人に、目的や手の内を曝すのはまだ早い。

 

その昔、レイモンド・マンゴー著『就職しないで生きるには』(晶文社)という本を読んで、ガツンと頭を殴られた気がしたことがある。全編「服役に等しいような苦痛に満ちた仕事から逃れる方法」が書いてあった。もう絶版なんだろうなぁw

 

だ菘靴料納舛蓮後天の努力によって大きく変えることができる。だからこそ親は、子供を厳しく育てなければならない。それが親としての果たすべき最大の任務である。

 

ッ成したいものを得るために、きみは代わりに何を差し出すのか? 代償を必要としない報酬なんて、甘いものはこの世にはない。

 

α蠑譴両紊任蓮∋臆辰涼抉笋鷲垰臆辰茲螳い。流れてくる情報に揺り動かされている大多数の人と、ちょっとタイミングをずらしてみるだけで、売り買いはぐんと楽になる。

 

А屬いざ軌蕁廚鮗け、「高級住宅地」に「大きな家」と「かっこいい外国車」を持ち、頻繁に「豪華な休暇旅行」・・・といったライフスタイルを目指すなら、スタートは1日も早い方がいい。ただ、普通の庶民はリタイアに備えて、「年金プラン」や「保険の見直し」を考えたり、「小さな家」と「中古車」を大事に使い、「割引クーポン」をせっせと切り抜き、買い物は「バーゲン」を利用することだ。紀州のドンファンの事件は、いろいろな事を考えさせてくれるw

 

┷能蕕離椒織鵑鬚呂甍磴┐襪函大抵は最後のボタンに手を掛けるまで、そのことに気付かない。

 

吹雪の中で道に迷ったら、やたらと歩き回るな。雪の上にドカッと胡坐(あぐら)をかいて、近くから遠くへ舐めるように四方を見渡せ。このやり方は相場に迷ったときにも、一脈通じるものがあるから面白い。

 

今の時代に「野生」は半ば死語だが、現代におけるソレはハングリースピリットに裏打ちされた、自由で、しなやかで、したたかな意思と行動から生まれるものだと思うぞ。

 

| daily082 | 青雲 | 01:09 | comments(14) | - |
青雲寄稿 No.23

”向計は一見軽々とクルクル動いているように見えるが、正確に風に反応できるように、頑丈な土台の上に立っている。きみの進むべき方向はどちらか知らないが、土台だけはしっかり固めておいた方がいい。

 

⊃佑呂△訥度成功すると、何様にでもなったかのように図に乗ることが多い。それをしないためにも、自戒を込めて車くらいは旧式のセダンに乗り続けなさい。

 

最初はまず、コツコツと資金を増やすことに注力し、次にはこれを利回りのいい「複利運用」にするだけで、すべてが回り始める。

 

ぞ攘会社や銀行などの金融機関は、単純でコストの安いインデックス投資などは極力勧めない。複雑で一般人には訳の分からない商品でないと、自らが儲からないからだ。

 

ダご屬良照修箸いΔ里蓮ぅ椒躄饉劼侶侏のようなものだ。実際には中でひどい計算違いをしていても、決算ではなんとなく辻褄が合っている。だから世評というのは、案外バカにならない。

 

Σ鯏はいつでも問題それ自体の中にある。回りをキョロキョロと見まわしても、解答の手掛かりなんかあるものかw

 

中途半端は絶対にいけない。全力を込めてやれば、失敗したって何かを学び取れるものだ。

 

┨皺瓩る売値や、安過ぎる買値は、それ自体別に恥ずかしいことではない。そこから交渉がスタートするのだから・・・

 

いつもネコを被っていると、そのうち本当のネコになってしまうぞ。

 

それと気づいた時には、もう実行が始まっている。実を結ぶ「決意」とはそのようなものである。固めるのではなく、すでに固まってしまっているのだ。

 

JUGEMテーマ:株・投資

| daily082 | 青雲 | 08:46 | comments(14) | - |
みんなの日経225予想 by systemtrade-life
表をクリックすると時間別推移の頁に行きます。



Investing.com
daily082のツイッター
ツイッター楽観指数

<仮想通貨関連>
■BTCN ニュース
■Bitcoin情報
■COIN テレグラフ
■MOBLOCK

<IPO>
IPO
やさしいIPO

とらのすけブログ

+ RECENT COMMENTS
+ Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ 最新記事
+ Amazon

+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE
+ SPONSORED LINKS